スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CT画像 内臓脂肪面積自動計測機能:メタボリックシンドロームの調査に

内臓脂肪型肥満の判定には、その面積測定が必須である。この条件を満たすと、動脈硬化性疾患の発生リスクが、相乗的に高まることが知られています。厚生労働省による平成16年の、国民健康・栄養調査結果では、40~74歳の男性の2人に1人がメタボリックシンドロームもしくはその予備群であり、その総数は男女併せて約1960万人に及ぶと報告されています。増え続ける医療費の抑制のためには、死因の約3割を占める心臓病や脳卒中の予防対策が重要であることから、今、メタボリックシンドロームの早期発見が注目されています。"内臓脂肪型肥満は、臍レベル腹部断面での内臓脂肪面積100平方cm以上とする。ただし内臓脂肪面積を直接測定することは健康診断や日常臨床の場では容易ではないため、腹囲の測定により代用し、男性85cm以上、女性90cm以上を内臓脂肪型肥満と診断する。 【続きを読む】

お勧めリンク集
お肌ツルツルダイエット茶 | ダイエット茶でからだの内側から綺麗に | 納得!ダイエット茶 | ダイエット茶と仲良くなろう | いつでもどこでもダイエット茶



スポンサーサイト
プロフィール

脂肪さん

Author:脂肪さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。